霊園の種類を知って希望する場所に納得のお墓を建てよう

お墓まいり

選んでよかったと思える霊園の条件とは

霊園

お墓を建てる霊園を選ぶ作業は、代々の墓になる可能性を考えたり、供養する人の事も考える必要があるため慎重に行っていきたいものです。お住まいのエリアにも墓地区画を販売しているところがたくさんあるかもしれませんが、選んでよかったと思える霊園の条件とはどんなものがあるのでしょうか。後悔しないための知識として、いくつかご紹介していきます。
選ぶ際の条件として一番ポイントにあげておきたいことは、霊園の場所です。お参りがしやすい自宅近くの霊園であれば、残された方々も頻繁に行けます。遠いと負担が大きくなるので、お参りする人の立場を考えて自宅近くで考えてみましょう。同じく残された人のことを考えたら、行きやすい交通網がある場所で選ぶことも大切です。電車で行ける、バスで行ける、近くに駅があるなど交通の便の良し悪しも確認して選んでいきましょう。
そして霊園の環境も、選び方の条件として重要です。緑が望めるすがすがしい環境であったり、清潔感が感じられるような環境であれば、お墓で眠るご家族も喜んでくれるのではないでしょうか。お墓参りにも足を運びたくなるような環境の霊園なら、選んでよかったと思えるでしょう。その他には、費用や宗教や設備などが霊園を選ぶ際に確認したい条件となります。それらの条件も含め霊園の情報収集やアドバイスを受けたい場合は、霊園の専門業者に相談するとよいでしょう。

お墓を建てることを意識した霊園の選び方

霊園を探す時には、様々な観点から検証する必要があります。まず信仰している宗教がある場合は、その宗派の寺院を対象として考えていくことになるでしょう。また霊園探しでは相応の費用が必要になるため、予算で考えることも外せません。さらに後々まで考えて、行きやすい立地かどうかを確認するのも重要なポイントです。その他には、霊園内で利用できる設備や利用可能なサービスなども確認したいポイントになりますが、迷った場合は専門業者に相談してアドバイスを受けることも可能です。
以上は霊園選びでよくあがるチェックポイントですが、見逃しがちなのが、お墓を建てた状態を確認することです。霊園を探す場合、販売している墓地の広さは様々です。広いほどに費用が高くなる傾向がありますが、そこに建てる墓地は広さに合わせたものを選ぶことが多いのです。お墓の土地が広い場合、基礎になる部分もサイズが大きくなります。当然その費用も高くなります。
霊園によってサイズが選べるケースが多いのですが、お墓を建てることも想定して選んでいくことも大切でしょう。さらに霊園の土地環境も、建てた墓地に影響することがあります。例えば水はけが悪かったり、日当たりが悪い様な環境の場合は墓にコケなどが映えたりすることが想定されます。そのような土地環境も考慮して、霊園を選んでいきましょう。

霊園選びで知っておきたい3つのタイプとそれぞれの特徴

お墓を建てるためにはその土地が必要です。そして、その土地を広く扱っているのが霊園です。土地を購入して初めてその場所に墓地をたてられることになるので、まずは霊園探しからはじめることになります。この霊園は3つのタイプがあるので、まずはその知識を頭に入れておくと選びやすいでしょう。3つのタイプとは、民営と公営と寺院のことです。それぞれの特徴を詳しく紹介します。
民営の霊園は個々に独自の条件を設定しており、費用も設備もサービスの内容も異なります。条件で気になる点は宗派ですが、宗派を問わないケースが多くなっています。また民営の場合は独自のサービスを展開しているケースが多く、永代供養や樹木葬など新しい墓地のスタイルが選べるケースもあります。利用できる施設内の設備も様々であるため、希望に合わせて選びやすいという特徴があります。
公営の場合は宗派を問わないことが多く、低価格で購入できるという特徴があります。大変人気がある霊園タイプとして抽選などで募集するケースも多く、購入しにくい点がデメリットとなっています。最後は寺院になりますが、この場合は宗派が限られているケースが一般的です。檀家になることが多く、そのための費用が発生します。その反面、管理や供養面でしっかりしているメリットがあります。以上が3つのタイプの特徴です。実際に選ぶときに困ったことが発生したら、霊園の専門業者に相談するとよいでしょう。

イチオシ記事

費用面にポイントをおいた霊園の選び方

終活を始めている方が増えていますが、その背景には、人生の最後は人に迷惑をかけずに終わりたいという願いがあるようです。これは少子化の影響もありますが、人は死に際しても葬儀や墓などの準備が必要になるからです。そのような心配が少ないシンプル…

詳しく

霊園の種類について知っておいたほうが良いこと

霊園の種類は公営と民営、そして寺院です。霊園によって販売時期や宗教・宗派が変わってきます。販売時期について、公営の霊園は期間が決まっていますが、民営の霊園と寺院の霊園はいつでも購入できます。そして公営の霊園は一般的に、宗教・宗…

詳しく

霊園を選ぶときは将来のことを考えることが大切

お墓にはお盆と命日、お彼岸など年に何回か訪れることになります。若いときは気にならなかったお墓参りも、年をとるにつれて負担になってきます。将来のために、お墓参りのしやすさを考えて霊園を選ぶことは大切です。自宅から霊園までの距離は、なるべ…

詳しく

お墓の価格や費用は霊園の種類によって変わってくる

霊園を選ぶときお墓の価格や費用は重要なポイントです。主に墓石費用と永代使用料、管理費がかかってきます。お墓の費用には墓石の本体価格、納骨棺、外柵、施工費などがあります。永代使用料は土地の使用権料になります。管理費は維持経費です。これら…

詳しく

トピックス

費用面にポイントをおいた霊園の選び方

終活を始めている方が増えていますが、その背景には、人生の最後は人に迷惑をかけずに終わりたいという願いがあるようです。これは少子化の影響もありますが、人は死…

詳しく

霊園の種類について知っておいたほうが良いこと

霊園の種類は公営と民営、そして寺院です。霊園によって販売時期や宗教・宗派が変わってきます。販売時期について、公営の霊園は期間が決まっていますが、民営の霊園…

詳しく

霊園を選ぶときは将来のことを考えることが大切

お墓にはお盆と命日、お彼岸など年に何回か訪れることになります。若いときは気にならなかったお墓参りも、年をとるにつれて負担になってきます。将来のために、お墓…

詳しく

お墓の価格や費用は霊園の種類によって変わってくる

霊園を選ぶときお墓の価格や費用は重要なポイントです。主に墓石費用と永代使用料、管理費がかかってきます。お墓の費用には墓石の本体価格、納骨棺、外柵、施工費な…

詳しく